2017年度食品部門認証品
旬のまぐろを半年熟成、
美味しさが凝縮した由比のツナ缶詰。
特撰まぐろオリーブ油漬
株式会社由比缶詰所

旬の夏びん長まぐろをオリーブオイルと合わせ、半年間熟成させて作るツナ缶詰。製造は手作業中心。骨を取り除いたり、詰める量を調整したりと、一缶一缶丁寧に作られています。
日本のツナ缶詰は静岡県発祥。清水港で水揚げされる「びん長まぐろ」を原料に昭和初期に初めて作られ、輸出産業として発展しました。昭和40年代に為替変動の影響で輸出が激減。缶詰業界が国内向けに転換するなか、由比缶詰所では大手のOEM製造が中心に。そんななか「以前作っていたような美味しい商品を作ろう」と最初は社員のために作り始めたのが自社ブランド「ホワイトシップ」でした。昭和50年代に「綿実油漬」、平成8年に「オリーブ油漬」を復刻。原料・製法に一切妥協のない商品は、社員の家族や親戚から広まり、今では全国にファンを増やしています。

ここには写真のキャプションが入りますここには写真のキャプションが入ります
復刻版特撰まぐろオリーブ油漬
ここには写真のキャプションが入ります
由比の町で戦前から続く缶詰所
ここには写真のキャプションが入ります
人の手による丁寧な加工
ここには写真のキャプションが入ります
工場内直売所には毎日多くの人が訪れる
選ばれた理由
《1》美味しい
《2》いつも食べている
《3》他の物とは違う美味しさ
「美味しい」という声が圧倒的でした。特別感のあるツナ缶として、お土産や贈答品としても人気があります。
市民の皆さんの声
大きさも丁度よく、
お土産として渡しやすい商品です。
SY様
駅のKIOSKに置いてあるので、東京の友人へのお土産に持っていきます。
オリーブのツナ缶がおしゃれで喜ばれます。大きさも丁度よく、渡しやすい商品です。
初めて由比缶詰のツナ缶を渡したときは「これが静岡の物なの!?」と東京の友達に驚かれました。家庭がある友人へのお土産には、お菓子よりツナ缶です。
ちなみに自宅でも常備しています。ツナサラダが我が家の定番です。
株式会社由比缶詰所
〒421-3103 静岡県静岡市清水区由比429-1電話 054-375-2121